HOME > 実例写真集 > バストの肌われがきれいになりました。
マグネテラピーのすぐれた威力で、あらゆる皮膚トラブルをきれいにします。

バストとヒップの肌われがきれいになりました。

バストとヒップの肌われがきれいになりました。

バストとヒップの肌われに悩む「コロンブスさん」

 「コロンブスさん」というあだ名で呼ばれている太めの女性がいました。何故コロンブスかというと、「コロコロ太っていて、ブス」という意味。ずいぶん意地の悪いあだ名です。
 しかし、こんなあだ名が付くようでは、女性としては人生真っ暗闇。彼女は男の人が「異星人」くらい遠い存在に感じられ、恋愛などは期待できないと思っていました。
 当然のごとく、彼女の人生観はかなり悲観的なもので、カウンセリングで私が何を聞いても、返ってくる答えはネガティブなものばかり。このまま一生「コロンブスさん」でいるつもりとしか思えませんでした。でも、彼女は本当にブスかというと、私の目にはそう映らない。たしかに太ってはいましたが、「ブス」は余計に思えたのです。まず彼女の生活ぶりを聞いてみることにしました。
 すると、間食がすごく多いことが判明したのです。スナック菓子、果物、ジュース、コーラ、ケーキ……こういうものを好きなだけ食べ、しかも運動はほとんどせず、休日はテレビを付けっ放しにして終日ゴロゴロしているという生活。これでは太らない方がおかしいというものです。

マグネテラピー&食生活の改善で大変身

 肥満した結果、バストやヒップに肌われが出てきたのは自然の道理です。ただ、肌われにはダイエットで体重を減らしても、そのまま残ってしまうという厄介さがあります。といっても、彼女の場合はまず痩せる必要がある。そう思った私は「食生活を改める」ことを提案しました。それと並行してマグネテラピーをやってもらうことにしたのです。幸い彼女は指導には素直に従ってくれました。
 結果は? 一年後、彼女の体重はマグネテラピー開始時に75キロあったのが65キロになりました。さらに一年後、体重は57キロへ。彼女は身長が165センチと高いので、体重はもうこの辺が適正レベルといってよい。彼女がどうやって体重を減らしたかというと、好きな間食をやめただけです。
 今ほとんどの女性がダイエットに関心を持っていますが、大半は痩せ過ぎ志向といっていい。痩せ過ぎは体調を狂わせ、免疫力や新陳代謝の機能を損なってしまいますから要注意です。食べ過ぎをやめれば、それだけでも体重は適正に戻るのです。
 顔の方も「ブス顔」と言われていたのが信じられないくらい「美人顔」に大変身。もともと愛くるしい素顔だったのが、肥満で目鼻だちのバランスが崩れただけでしたから、適正体重に戻るだけでみんなから「きれいになったわね」と言われて当然だったといえます。
 ところで彼女の場合、肝心の肌われはどうなったかというと、食生活の「食い改め」と並行したことも手伝ってきわめてスムーズに運び、まったく肌われ痕を残すことなくきれいになりました。

マグネテラピーの資料を請求された方にプレゼント! まずは本を読んでから全てをご判断ください。

赤ら顔・シミ・ヤケド・キズ痕・肌われ・ニキビ・お肌きれいに

私達も応援しています!

デヴィ・スカルノさん、由美かおるさん、山咲千里さんからヌーベルエステティックへのメッセージ頂いております。

デヴィ・スカルノさん、由美かおるさん、山咲千里さんからヌーベルエステティックへのメッセージ頂いております。


◆◆◆ Nu: 商品のご案内 ◆◆◆

赤ら顔専用美容液、洗顔石鹸、ピーリングタオル ダイエット、毒素排泄、便秘に飲む腸内洗浄・・イオナミン 飲む美肌ケア!ダメージに負けない素肌、健康と美肌を願う方に・・ビタミンC&コラーゲンの最強コンビ!

◆◆◆ 刊行本のご案内 ◆◆◆

マグネテラピーの威力について書かれたシリーズ最新刊です!肌本来の美しさを取り戻すための必読書です。

マグネテラピーの威力について書かれたシリーズ最新刊です!肌本来の美しさを取り戻すための必読書です。

今、話題沸騰中のデットクスを取り入れたダイエット法をマンガで解り易くお教えします。

今、話題沸騰中のデットクスを取り入れたダイエット法をマンガで解り易くお教えします。